合宿免許で注意する事の中には、一般的な自動車学校にはない点がたくさんあります。

その為十分な情報の確認と準備を行ってから参加することが大切です。

自動車学校では検定と言われる試験が行われますが、これは殆どの人が一回で合格することは少なく、大抵は一回は不合格になってしまうものです。



この検定が不合格になると一般的には補習を受講し再度検定を受けることになりますが、しっかりとしたスケジュールが組まれている合宿免許に於いては予定が大きく遅れることになり、免許を取得するまでの期間が延びてしまうことになります。

大抵の合宿免許では不合格になった場合のことを想定し数日の余裕を見ているものですが、最悪の場合には合宿日程が終了してしまい、別途自費でその教習所に通って補習を受けたり、検定を受けなければならないことになります。

自動車学校の規則の中では基本的に転校ということが出来ないので、合宿免許のように郊外の自動車学校に於いて教習を受けている場合、其の日程が終了してしまうと自費で宿泊施設を確保して通学しなければなりません。またその際には合宿の時の様な優遇措置は無いので予約を自分で取って通うことになりますが、多くの場合には次の合宿のグループが優先されるのでなかなか予約が取れないということになる危険も有ります。



そうなると期日までに卒業できずに、再度最初から教習を受けなければいけないことになる場合もあります。

合宿免許に参加する場合にはそのようなリスクも頭に入れて参加することが必要です。



Copyright (C) 2016 合宿免許で注意する事とは All Rights Reserved.