免許取得は主に、任意にスケジュールを立てて自動車学校に通うか、集中的な期間の合宿方式で取得するかの二択になります。


合宿免許は約2週間から3週間という決められた期間の中で取得を目指すため、免許取得方法としては最短の時間であることが最大のメリットと認識されています。
特に夏休み、春休みなど比較的多くの休みをとれる大学生に向いており、授業で習ったことを同日に実習で行うことになるため上達するスピードや勉強内容が身につく度合いが自動車学校に通うよりも早いというメリットもあります。


また、合宿免許はところによっては格安で運営している場合もあり、お財布に優しいというメリットもあります。


通常、自動車学校に通う場合には普通車で約25万円から30万円程度必要になりますが、合宿免許ではおおよそ20万円から25万円、最安値では20万円を切る場合もあります。

学校に通うための交通費を払う必要がないということでもメリットといえるでしょう。
通うたびに電車やバスを使用すると、取得までにかかる交通費だけでも多くかかるようになりますが、合宿方式であるため交通費の心配はありません。



一方で、合宿免許にもデメリットはあります。



まず、まとまったお休みをとれる予定がなければ合宿に参加できず、免許も取得できないという点です。

そのため連休をとりづらい社会人や家事などがある主婦などには向いていない取得方法となっています。また、合宿途中で抜けてしまうと最初からやり直しという点でも、お休みを多くとれる人のみがとれる方法となっているのが現状です。



Copyright (C) 2016 合宿免許のメリットとデメリット All Rights Reserved.