運転免許をとるためには、教習所に通うか、合宿免許という手段が考えられます。

教習所に通うのは一般的に多くの人が使っている手段ですが、合宿免許は聞いたことがあるけれど、なんとなくしか知らないという方が多いかもしれません。合宿免許とは、一定期間泊まり込みで車の免許を取るためだけに勉強したり、実技を行ったりする合宿のことです。
教習所は少なくとも数か月は通わないと免許取得には至りませんが、合宿なら最短で二週間程度で免許を取得できることになります。


ですから、合宿免許の最大のメリットは、その期間の短さといえますね。

誰だって早く免許を取りたいですから、この期間の短さは魅力でしょう。

そして、教習所と比べて数万円程度費用も安く抑えられるというのも嬉しいところではないでしょうか。

ただ、デメリットとして合宿中は泊まり込みで免許を取るための勉強などをするので、仕事や学業に戻ることができません。



ですから、学生さんが夏休み中などに参加することは可能ですが、社会人だと参加するのはかなり難しいですね。



そして、参加できたとしても、最低二週間は同じメンバーで過ごすことになるので、メンバー次第で楽しい経験にも最悪な経験にもなるということは覚悟しておく必要がありそうです。
これをクリアするには、やはり気心の知れた友達と一緒に参加するのが無難ですね。
また、短期間で免許をとるための合宿なので、教習所に通ってのんびり取るのと比べて指導は厳しいです。

これらを踏まえて、自分に合った方法を選びましょう。



Copyright (C) 2016 合宿免許のメリットとデメリット All Rights Reserved.