合宿免許では、ドライビングスクールの近くのホテル、旅館、コテージ、ウィークリーマンションといった民間の宿泊施設か、またはドライビングスクールの敷地内の寄宿舎で、受講生全員が泊まり込みをしながら、日々の技能教習や学科教習にいそしむというスタイルになっています。

毎日のカリキュラムもあらかじめ決められているため、最短の期間をもって、ドライビングスクールの卒業まで至ることができるように工夫されています。

このような合宿免許の特性から、すでに申し込みをしたプランについて、合宿免許の期間がはじまっている途中から変更するというのは、なかなかむずかしいものです。


しかし、場合によっては、途中からの変更が可能な場合もないわけではありません。

たとえば、合宿免許では標準的な卒業日数がありますが、修了検定に不合格になったなどの理由で、既定の卒業日数では足りなくなってしまうことがあります。


この場合は日数を延長する変更は可能ですが、場合によっては追加料金が発生することがあります。


また、マニュアル車の運転免許のコースから、オートマチック車限定の運転免許のコースに途中から変更することも、申し出をした時期によっては認められる可能性があります。



これは、マニュアル車のコースはクラッチ操作やシフト操作など、若干むずかしい内容を含んでおり、技能教習でつまずいてしまう人がいることをふまえてのものです。



ただし、逆にオートマチック車限定のコースからマニュアル車のコースへの変更は、履修すべき内容が多くなるため、通常は認められません。



Copyright (C) 2016 合宿免許とプランの途中変更 All Rights Reserved.