チラシなどで合宿で免許を取得を謳った自動車教習所があります。
内容を見てみると、楽しそうな教習シーンやテニスなど娯楽シーンの写真が目立ちます。

一番魅力的なのは短期間で卒業ができるのもセールスポイントの一つです。



これらを合宿免許と呼んでいます。


一般的な通学する自動車教習所との違いを簡単に説明します。

実際に車に乗って運転技術を習得する技能教習は34時間、交通規則や安全知識を習得する学科教習は26時間であり1教習の時間は50分間と定まっています。
合宿免許も同様にこの規定の時間が適用されます。

教習を受ける時には必ず予約を取らないと受けることはできません。

社会人の方は夕方や休日の日に偏ってしまうため、場合によっては希望日に予約が取れないケースがあります。

学生の方も同様です。

予約が取れなかったりして間があいてしまうと、卒業までの期間が長くなったり、習得した技能を忘れてしまったりするデメリットがあります。
ただ自分のペースで免許取得したい方にはお勧めです。合宿免許は通学とは真逆で毎日教習を受けることが可能です。



集中できるために個人差はありますが、最短で2週間弱で卒業することが可能です。


教習が無い時間を快適に過ごせるように、娯楽施設が整った教習所もあります。

1人で参加しても友達同士での参加も可能ですし、友達もできたりと教習以外の良いところもたくさんあるのが合宿免許のお魅力の一つです。



夏休みなど長期的に日にちに余裕がある方にお勧めです。

Copyright (C) 2016 合宿免許と通学して取得する免許ってどう違うの? All Rights Reserved.