合宿免許を利用すると入校してから2週間程度で卒業できて、自宅から教習所に通うよりもも安い料金であることから大学生に人気があります。
さらにプラン料金には教習期間中の食費や光熱費などの生活費まで含まれているのでことから、合宿免許は都市部の教習所に通学するよりも安上がりです。
合宿免許は正規の料金で利用しても十分安いのですが、各種の割引特典を活用すればさらに安く利用することができます。
教習所やプランごとに割引特典の条件は多少異なりますが、ほとんどの教習所には早期割引、学生割引、グループ割引の制度があります。早期割引は、例えば入校前の2ヶ月または30日前までに申し込みを済ませることで5000円の割引になるといったものです。夏休みに利用する場合は5月頃までに手続きを完了すれば早期割引が適用されます。



グループ割引とは2人かそれ以上の人数で申し込みをすれば1人あたり5000円割引になるといったもので、宿泊施設で別々に個室を利用しても問題ありません。
グループの人数が増えると、さらに割引になる場合があります。



学生割引は学生証を提示すれば5000円割引になるというものです。



ほとんどの合宿免許プランではこれらの割引特典を同時に利用することが可能で、大学生が入校日よりも2ヶ月以上前に2人以上で申し込み手続きを済ませれば1人あたり15000円も安くなります。合宿免許はインターネットや一般の旅行会社でも予約・申し込み手続きができますが、大学生協の窓口を利用した方が中間マージンが差し引かれない分だけ安くなるケースがあります。

Copyright (C) 2016 大学生が合宿免許の割引特典を活用する方法 All Rights Reserved.