合宿免許にはメリットが多くありますが、デメリットもあります。

メリットは、教習予定がプランに組み込まれているので、2~3週間程度と短期間で教習課程が修了でき、確実に運転免許の取得ができます。



費用もほとんどの自動車学校ではパック料金となっているので、教習費の他に宿泊費や食費などが含まれていて、全て込みの安心保証料金となっているので比較的安く設定されています。
また、自動車学校によっては教習補習や再検定、延泊費用など追加費用なしという場所もあるので利便性があります。

殆どの合宿免許は地方の自動車学校に行く事になりますので、学校によっては郷土料理や観光などが楽しめる場合があります。



デメリットは、合宿免許を受けている期間分のまとまった休みが必要になり、社会人などでは休暇取得が難しく、大学生の長期休暇や高校生の自由登校期間中など、限られた人限定となってしまいます。

また、宿舎の定員や配車の定員の関係などで申し込む際は人数制限されている自動車学校があり、希望する場所に入校できない事があるので事前予約しておく必要があります。

合宿免許を受けている期間は、基本的には土日は休日となりますが、平日は毎日教習となっていますので、自由な時間があまりなく、気の休まる時間が少なくなります。



合宿免許の路上教習は、田舎道を走る場合が多く、都会で暮らしている人の場合は道路事情が異なるので、免許取得後に車を運転すると戸惑う場合があります。

Copyright (C) 2016 合宿免許のメリットとデメリット All Rights Reserved.